iOS9にしたからっといって全ての機種でコンテンツブロッカーが使えるわけではありません。

iphone

ハイ! リサです。

iOS9が登場して最も話題となっているのが「コンテンツブロッカー」です。
この機能はWEBを閲覧する際に表示される広告をブロックし、さらに閲覧のスピードアップを図ろうというものです。
私も試してみようとiPadとiPod TouchをiOS9にアップグレードしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンテンツブロッカーを使用するためにはApp Storeでアプリ「Crystal」を購入する必要があります。

コンテンツブロッカーはSafariの機能として標準装備されているわけではありません。
私は設定からSafariへ移動してコンテンツブロッカーを探したのですが、ありませんでした。

調べてみると「Crystal」というアプリを購入しインストールが必要のようです。

なんと有料なんですね。

ちまたで話題になっているiOS9の機能なので、標準装備かと思い込んでいましたが…

話題の機能なので購入しても使いたい

どうしても試してみたかったので、iPadのApp Storeで「Crystal」の購入ボタンを押しました。

パスワードを入力して「OK」っと…

このAppは、ご利用のデバイスに対応していません。

iOS9にしたというのになんで?

しょうがないので、今度はiPod Touchで試しました。

やはり同じで

このAppは、ご利用のデバイスに対応していません。

私の端末はiPad3とiPod Touch第5世代だった。

「Crystal」の互換性を確認すると私のiPadもiPod Touchも対象外でした。

「Crystal」の互換性

  • iPhone5s
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPad Air
  • iPad Air Wi-Fi + Cellular
  • iPad mini 2
  • iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular
  • iPad Air 2
  • iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular
  • iPad mini 3
  • iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular
  • iPad mini 4
  • iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular
  • iPad Pro
  • iPad Pro Wi-Fi + Cellular
  • iPod touch(第6世代)

結局時間をつぶしただけで、コンテンツブロッカーを試してみることができませんでした。

コンテンツブロッカーを導入できる機種は限られていますので、ご注意下さいね。

では。

See you !

© oh yeah Steve!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする