イッタラのタイカとタンシで知ったイラストレーター、クラウス・ハーパニエミの不思議な世界(魅了されたタンシ – Tanssi – のイラスト)

3514600683_c8d44fba49_o photo by Kars Alfrink 

ハイ! リサです。

私が使っている北欧食器でお気に入りなのがイッタラ(iittala)です。
様々な種類の食器があります。

中でもタイカ(Taika)タンシ(Tanssi)がお気に入りで、両方ともマグカップとコーヒーカップ&ソーサーを愛用しています。
絵柄がとてもマジカルな感じがいいんです。

参照iittala ONLINE SHOP

そのイラストを書いたのがクラウス・ハーパニエミです。

klaus

出典www.klaush.com(公式サイト:Story)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラウス・ハーパニエミとは

クラウス・ハーパニエミはフィンランド生まれのイラストレーターです。

私はイッタラで知ったのですが、リーバイス、マリメッコ、ドルチェ&ガッバーナ等のブランドにもイラストを提供しているようです。
英国のファッション・イラストを代表するイラストレーターです。

参照クラウス・ハーパニエミ(scope.ne.jp)

公式サイトwww.klaush.com

Facebookクラウスハーパニエミ・コミュニティー

イッタラのタイカ

クラウス・ハーパニエミのイラストは一目で物語性を感じることができます。

イッタラのタイカ(フィンランド語で魔法)もハリー・ポッターの世界をそのままイラストにしたような味わい深い作品になっています。

参照iittala ONLINE SHOP(Taika)

私はブルーのマグカップを愛用していたのですが、このほど、新作のタンシに切り替えました。

タンシ(Tanssi)はイッタラの新作

タンシはフィンランド語でダンスを意味します。
PVがYouTubeに上がっていたので、ご覧下さい。

童話の世界をそのままに、不思議な動物たちがダンスを繰り広げます。

その世界観は森のようでもあり、海の底のようでもあります。

例えばマグカップは松にも似た木の下でマジカルな動物たちが戯れます。
また、コーヒーカップ&ソーサーではブルーの珊瑚のなかで動物たちが踊っているようにも見えるのです。
1匹の動物は鹿のようでもありタツノオトシゴのようにも見えます。

この独特の雰囲気を生み出すクラウス・ハーパニエミのイラストがたまらなく好きなんです。

最後にクラウス・ハーパニエミのインタビューでその世界を堪能してください。

See you !

© oh yeah Steve!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする