テイラー・スウィフトが「1989」など4語を商標登録。私たちの生活にも関係あるの?

TAYLOR SWIFTphoto by cykocurt

ハイ! リサです。

私はテイラー・スウィフトのファンです。
テイラーはとっても素敵ですね。

彼女について、ちょっと驚きのニュースを発見しました。

参照テイラー・スウィフトが「Swiftmas」「1989」など4語を商標登録申請。(excite.ニュース)

フレーズまで登録されたら私たちが使うのにも問題があるのでしょうか?

…安心して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1989やスイフトマスを商標登録

参照T・スウィフト 「1989」のロゴなど商標登録申請(産経ニュース)

「1989」についてはロゴのようですね。

1989~ツアー・エディション(初回限定盤)
1989~ツアー・エディション(初回限定盤) image linked with Amazon

ロゴについては分かりますが、その他のフレーズについては意味があるのでしょうか?

テイラー・スウィフトの商標登録がニュースになるのは今年2度目

実はテイラー・スウィフトが商標登録申請でニュースになるの1月に続くものです。

参照テイラー・スウィフト、「This Sick Beat」など自身の歌詞のフレーズを商標登録(rockin’on RO69)

これによるとテイラーのフレーズはかなり悪意のある商用利用が実際のケースで行われているようですね。

つまり、テイラーの商標登録は、他のアーティストや販売業者に対する予防措置ということになります。

フレーズを一般に使うことは無関係

特許庁の「商標権の効力」において「商標権の効力が及ばない範囲」という項目があります。
ここには以下の2点が記載されています。

  1. 自己の氏名・名称等を普通に用いられる方法で表示する場合
  2. 商品又は役務の普通名称、品質等を普通に用いられる方法で表示する場合

出典商標権の効力(特許庁)

簡単に言うと、通常のことばの利用範囲は商標権が及ぶことはないということになっています。
ニュースになっていますが、私たちが普通に暮らす上では影響はありません。

安心してテイラー・スウィフトの商才を賞賛してあげましょう。

See you !

© oh yeah Steve!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする